ママをしていると働くことが怖くなる時

子育て

ワーママが働くことが怖くなる時

保育園に娘を預けて、仕事へ出かけた後に保育園からの着信。

 

 

だいたいが「お迎えに来てください」という内容で、すぐに来て欲しいと言われる。

 

わかるんだよ。わかってる。それも親としての仕事であることはわかってる。

 

お母さんになってみてわかったことは

 

“ただフルタイムで働く”ということですら、本当にしんどいことだった。

 

 

それでもきっとうまくやってる人もいる。

 

うちはまだ娘の身体が強いほうだから、呼び出しは少ないほうかもしれない。

 

それでも、自分の予定(仕事)を、自分の思い通りに遂行できないかもしれない、という不安と恐れは常に隣り合わせで。

 

私の場合は幸いにも、わかってくださる人たちや、融通の利かせられる仕事ではあるので、本当に助けられているのですが。

 

 

 

昔、まだ子供がいない頃、販売職の店長をしていた時は、毎度面接で

土日出勤必須です。子供さんの体調不良の時は誰かに看ていてもらえる環境ですか?

 

って、当たり前に聞いてたな、と。

 

そうしないと、回らない環境だったとはいえ、わかってあげることすらできなかった、あの時の私に言ってあげたい。

 

じゅずとも
ともじゅ

子育てって思っているより何倍も何十倍も、思い通りにいかないんだよ。って。

子育てって、本当にすごいことやってるんですよね。

 

働くことと家族とのバランス

私の仕事の時間は平日の10:00~16:00です。移動が入ると稼働時間は更に短くなります。

 

ざっと6時間くらい。その時間は自由に作業やら対面などができる時間です。

 

本当にありがたい。

 

子供が生まれる前までやっていた事務の仕事の時は、定時(18:00とか)に上がって、そのあと終電まで、イベントやらご飯会へなんてことも、まぁまぁよくありました。

 

じゅずとも
ともじゅ

販売やってた頃は棚卸しで夜中の12時すぎまで在庫確認していたこともあったなぁ。

 

がしかし。子供が生まれてみたら、21時にはお風呂に入り、寝かし付けと共に就寝w

 

 

寝かし付け後から仕事をすることもたまにありますが、「なんでだろ?」ってくらい、私が布団から抜け出ると早々に子供が寝床でぐずりだすので

 

相当なことじゃない限り夜作業をすることはなくなってきました。そして朝6時すぎにはムクッと起きる毎日です。

 

仕事も前はキリがいいところまで残業ができたけど、保育園のお迎えを考えると、予定通りの時間に行きたい母心。

 

それでなくても、お迎えから寝るまでの数時間は、それはもうバッタバタのイライラしーの、あっという間に過ぎて行くので。

 

じゅずとも
ともじゅ

きっと過ぎれば良い思い出なんだろうけど、今はまだ戦いの渦中なので、そんな暖か眼差しでは見てられませんw

 

自分時間の確保は絶対必要

仕事も責任があって、家でも家事に育児にと、世の中の働くママはほんとすごいと思います。

 

仕事も家事も出産前と同じようにはできないことばかりで、自分の思うようにいかないことに苛立ちも出やすい。

 

ほんと、うまくいかないことなんていっぱいいっぱいあるから、上手いこと折り合い付けて自分時間の確保が絶対必要です。

 

仕事も家事も頼めることは、人に頼れる環境を自分でつくらないとね。

 

ママでもママじゃなくても賢く効率良く、仕事と家事育児ができる環境がスタンダードになりますように。

 

この記事を書いた人
じゅず知見/ともじゅ

「働く・遊ぶ・休む」をもっと自分らしく快適に
内省・内観から自己成長と成果につなげるビジネスサポートをしています。

自分の才能と可能性を知り、あなたが本来持つ能力を最大限発揮するためのヒント、お仕事を飛躍させるためのヒント、あなたの人生を自分好みにクリエイトしていく具体策など、自分の中の本質を探るサポートをしています。

じゅず知見/ともじゅをフォローする
タイトルとURLをコピーしました