バックエンド商品を持たずにサロン運営をやった結果

働く・仕事

バックエンド?フロントエンド??

バックエンド商品とかフロントエンド商品とか、聞いたことがある方も多いと思いますが

ざっくり説明すると、マーケティング手法のひとつで、要は商品を売るためのやり方です。

詳しくは、また別に書いていきたいと思うのですが

 

私が独立した時に、たいして考えずにやり始めた結果
結構とんでもないことになったYO!っていうシェアです。

 

バックエンドを持たずにやるビジネスとは?

私がセラピストとして独立した時、何をしたかと言うと。

 

フロントエンド商品のみのサービス提供。

 

これって、簡単にイメージしてもらうとすると、

お試しセットしか売ってないとか、マックで言うところの100円コーヒーしかないとか

お店に来てもらう、入ってもらう、興味を持ってもらうためのメニューしかないと言うことです。

 

 

こう聞くと、あれまぁ!ってなりますが、意外とこんな感じの人多かったりします。

 

ともじゅ
ともじゅ

ぶっちゃけ利益出るか出ないかの価格でやっておりました。

 

やっていた場所は原宿と表参道の近くだったので、場所代、交通費と考えると・・・ね。

 

その後、心もお金もしんどくなって、そのままのやり方では続けられなくなりました。

 

 

お客さまは新規・リピーターさんと来ていただけていたのですが、疲弊しまくってしまい、続けることが難しくなってしまったので

 

この技術を知ってもらうことに集中しよう!

 

と思い、自分がやるサロン運営ではなく、イベント出店限定での開催にしようと、セラピーの提供の仕方を変えていきました。

なぜバックエンドが必要か?

疲弊して続けられなくなった私のように、

本来求めてくださる人がいるのに、提供できないって、提供する側からしても、受ける側からしても残念な結果ですよね。

 

と言うことは、フロント商品だけじゃなく、バックエンド商品もあれば、もう少し結果は違っていたかもしれません。(あくまでも可能性って意味で)

 

なぜかというと、
フロントエンドは「集客商品」バックエンドは「本命商品」とも言えるのですが

 

本命商品って、単価が高めの設定にするので、単純に利益が出しやすいんです。

 

 

もちろんその金額に見合ったサービスや商品にする必要はあるのですが。

 

サロンとかで言うと、回数券だったり、プレミア的な高額メニューだったり。

 

あと、起業系のコンサルなどで多いのは

無料か3000円〜5000円くらいの金額で体験会や相談会などを開催して、
あなたにはこれが必要ですよね?といった流れを作って、本命商品(起業塾や長期コンサル)を売るという流れです。

 

結果、お客様も見たい未来を叶えられるかもしれない方法を学べて、提供側も見合った収入を得ることができるWin-Winなビジネスモデルです。

 

これ自体は、真っ当なやり方だし、何にも悪いところはありません。

そのバックエンドが本当に必要か

私がよく感じるのは

 

ブラックさん
ともじゅ

そのお客さまに、そのバックエンドが必要だと本当に思って売ってるのか?

 

ってところです。

 

売る側ももちろん、お客様側も。

 

 

例えば

売る側の一時的な売り上げアップのためだったり、目標達成のためだったり。

 

または、自分に対する不足感から、「これがあればきっとうまくいくはず!」みたいな、幻想を期待して、自分の本当の望みに気づかないまま、言われるがままそれを欲しいと思っていないか。

 

本当にお客様が望んでいるベストに持っていける商品になっているか?と。

 

それは、エステとか起業塾とかコンサルとか全部に当てはまるのですが

 

仕事って、誰かの問題解決であって、お客様の今の現状からどう望む未来に行ける方法を提案&実行できるかってことなんです。

 

そのために、お試しのフロント商品があって、本当の問題解決策としてバックエンド商品があるんです。

 

と言うことは、お客様が本当に望んでいる未来が明覚になっていないと、本来サービス提供ってできないはずなんです。

 

ともじゅ
ともじゅ

ここって実は、探り出すの難しいんだけど、めっちゃ大事なところ!

 

多くの人が、表面的な成りたい姿を思い描いて、あれが足りないとか、これが足りないとか、そんなことをやり過ぎじゃないかい?と。

 

そこんところ、ちょっと勘違いしている人が多い気がしています。

結論

バックエンド商品って、絶対必要なわけではないけど、使い方次第では売る側からするとビジネスがスムーズに行く仕組みだし、

買う側からすると、投資することで自分の望む未来への手段だったり、ヒントとなります。

 

※ここで重要なのは、ヒントや手段であって、それを実際やるのは自分ってこと。

 

バックエンドと言っても、価格帯もやり方も様々なので

提供する側は、いかにお客様の理想の未来に近づけるか。

買う側は、それを使うことで、どんな未来にいける可能性があるか。

 

そんなことを判断基準として、煽ったり、煽られたりすることなく、お互いに幸せな未来へ進めたらSo Happyでしかないです。

 

私のリアルな体験談を含みながらですが、全ての人がこうなるわけではないので、自分はどうだろう?と考えるきっかけにしていただけたら嬉しいです。

 

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

◆平日毎日だいたい20時に配信
行動につなげるビジネスやWEB発信情報をお届け
視点を変えるメールマガジン

 

◆毎週月曜日にWeeklyメッセージと
月に一度Monthlyメッセージをお届け!
ともじゅ公式LINE▽

出来ない場合はLINEで
@xno1017b を検索してみてください。

 

 

この記事を書いた人
「働く・遊ぶ・休む」をもっと自分らしく快適に本来持つ能力をそのまま発揮できる人を増やす

Create a life you love
自分が納得できる人生を創る

じゅず 知見(ともじゅ) 赤裸々すぎる自己紹介はこちらから➤➤

タイトルとURLをコピーしました